• ホーム
  • 100周年記念作品
  • ギフト
  • シリーズ
  • 特集
  • 直営店
  • 記念品
  • main01
  • main02
  • main03
  • main04
 

在位30周年記念作品



国民の心に寄り添い、平成時代を歩まれてこられた天皇皇后両陛下。
ご在位30周年に感謝と祝意を込めて、カップ&ソーサーと花器をデザインいたしました。

ゆかりの深い花などをモチーフに、シックで格調高いデザインに仕上げました。
コレクションやインテリアに、おすすめいたします。






在位30周年慶祝作品 商品詳細
素材


カップ&ソーサー「鳳凰榮白樺文(ほうおうえいしらかばもん)」



金と白金、色替わりのカップ&ソーサーペアセットです。

カップの周囲を囲う伝説上の花「宝相華(ほうそうげ)」の花弁の中に、
榮(えい)と白樺を金と白金でデザインいたしました。
カップ正面には、平和の象徴と言われる鳳凰が舞っています。

※2客セット販売のみとなります。アイテム単品での販売はございません。

商品ページはこちら



花器「鳳凰舞妃蓮(ほうおうまいひれん)」



 昭和43年、阪本祐二氏の手により見事に開花した、王子ハスと古代ハスの交配品種は、舞うように開閉する花の優雅さから「舞妃蓮(まいひれん)」という名前が付けられました。
東宮御所に献上されたこの花は、今も皇居内の池で大切に育てられています。

大きく開いた舞妃蓮と、吉祥文様として古来より愛好される鳳凰をデザインしました。
蓮の花びらは上絵と金彩で華やかに、花のまわりの大きな葉は岡染めで柔らかく表現しています。

花器下部の文様は、寺院などの装飾に多く見られる、蓮の花びらが連続した「蓮弁文」を配しました。
その中には子孫繁栄や豊穣の印と言われる柘榴が表現されています。また上部には、葡萄の実を絡めた葡萄唐草文を配しており、これは、実を多く付けることから繁栄を象徴する吉祥文様です。

商品ページはこちら



花器「プリンセス・ミチコ」



フロリバンダ系の品種で、濃いオレンジ色が特徴のバラ「プリンセス・ミチコ」。
1966年にイギリスのディクソン社から、当時の皇太子妃殿下に献呈されました。

丸く可憐な花弁の花を、使いやすい大きさの花器に配しました。
 艶やかな白磁の上に大きく開いたオレンジのバラが、お部屋を華やかに明るく演出いたします。

商品ページはこちら