【手描き】河原撫子とススキ 陶額【100周年記念作品】

【商品番号:217S/E231】

【手描き】河原撫子とススキ 陶額【100周年記念作品】

価格:

385,000円 (税込)

[ポイント還元 19,250ポイント~]
購入数:

納期

在庫

購入

受注後6ヶ月でお届け

この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■サイズ
素材

【陶額(型番:217S)】
<陶板サイズ>縦:約23cm 横:約16cm
<額装サイズ>縦:約39cm 横:約32cm 高さ:約3cm
重さ:約1.7kg


■商品説明
素材

百木デザイナーの記録の中から、商品化されたことのない河原撫子とススキのスケッチを元に、手描きの陶額にいたしました。

「世の中に雑草という植物はなく、どんな草にも立派な名前がついている。
(中略)百年たっても変わらない個性溢れる役者たちである。一つひとつが立派な絵になる。」

路傍の草花を描くことを好んだ百木は、その何気ない姿を主題に多くのスケッチを残しています。
秋風に揺れるススキと可憐な撫子を優しいタッチで描きました。
裏面に金具と紐があり、壁にかけてお楽しみいただけます。


百木春夫

百木春夫 |ももき・はるお(1924-2004)

1948年の入社以来数々の名作を生み出し、代表取締役を務めた大倉陶園を代表するデザイナーです。卓越したデザイン感覚で、大倉陶園独自の美の世界観を確固たるものに築き上げました。特に、野の草花を独自の視点で捉えモダンに器へ昇華させる美意識と、食のための器としてのデザインを大切にする精神は、宮中や国際的な贈答、一流のレストランでお使いいただくなど多くの方々に支持されて参りました。百木デザイナーの精神は今も尚、大倉陶園製品に受け継がれています。
代表作:一本のバラ金蝕バラカラー